本文へスキップ

山洞金物店は、金属を専門とする金属を販売する会社です。

さすまた まとめ サスマタ「タックルS」さすまた まとめ さすまた「たっくる」

2015年5月末で、さすまた「タックル」の取扱いを終了しました。
2015年6月より、サスマタ「Aタックル」プロトタイプを販売しています。
2017年3月より名称を、サスマタ「Aタックル」⇒サスマタ「タックルS」に変更になりました。


3. まとめ

暴漢にサスマタ「タックルS」を押し当てて、逃げる!!

3-0さすまたタックルの実践動画

さすまたタックルが、ユーチューブに載っています。
さすまたタックルの動画
http://www.youtube.com/watch?v=mMeclzq0_TA

3-1実践的なさすまた使用

日頃の訓練が必要です。予行演習です。予行演習で問題点が出てくると思います。この問題点を一つ一つ対策しましょう。

1.現在の明らかになっている問題点は、さすまた「タックルS」1本では、不十分と言うことです。
犯人にサスマタ「タックルS」が1本取り付いているより、2本取り付きのほうが、より犯人が動きにくくなります。
と言うことで、2本以上の購入を薦めます。

2.同一場所にサスマタ「タックルS」を設置すると、運悪くそこが犯人の居場所だったりします。
対策として、東と西、北と南、1階と2階というように、さすまた「タックルS」を離して設置しましょう。
設置場所は、大人がいつも居る事が重要です。
と言うことで、2本以上の購入を薦めます。

3-2暴漢対策

定期的な防犯訓練が必要です。

防犯訓練は、防犯計画から始まります。

防犯計画は、防犯の進入経路や、犯行対象の想定など、色々と検討する必要が有ります。
しかし、防犯計画は面倒な作業です。
先生や保育士は、日頃の仕事で忙しいのが現実です。
忙しいと、面倒な防犯計画は、後になります。
そして、防犯計画に着手できないまま、暴漢の登場です。
「悲劇は繰り返される」と、ニュースに流れます。

先生や保育士を本気にさせるために、保護者がサスマタ「タックルS」を学校に寄付しましょう。
保護者が本気なら、先生や保育士も本気になります。
ダブルの本気があれば、警察も本気になります。
本気印で、警察に相談すれば、色々アドバイスがもらえます。

ダブルの本気で、防犯計画を策定しましょう。
防犯訓練の時は、警察官に犯人役をお願いしましょう。




バナースペース

山洞金物店

〒376-0001
群馬県桐生市菱町一丁目483-1

お問い合わせ