本文へスキップ

山洞金物店は、金属を専門とする金属を販売する会社です。

アルミ板と丸棒説明(A1050、A5052、A5056、A6061、A6063、A2017、A2011、A2024、A7075、アルミーゴHard)あるみいたとまるぼうせつめい

当店は街の材料屋です。
取扱い材料サイズ表に掲載している金属材料材料を小口販売(小売り)しています。この材料を、ネットでも販売しています。「プロ用材料を個人に販売」とか、「小口販売OK」とか、意気込んでいません。ごく普通に、ネットショップをしています。
ネット販売は、会員販売です。無料会員登録をお願いします。


アルミ板と丸棒を代引き販売しています

販売価格は、金属の小物販売店 で代引き値段を表示しています。寸法と数量で値段は変わります。


純チタン、チタン合金も有りますが、とりあえず軽さといえばアルミです。
アルミの選択方法を中心に説明します。

1.アルミの種類

A1000系がアルミです。他はアルミ合金です。
しかし、通常アルミと注文すると、アルミ合金A5052かA5056が届きます。

A1000系は用途が少ないのでしょうか。

純アルミ1050(A1050) アルミ99%以上の材料です。たたいて、形にしたい時に良いでしょうか。薄い板が中心です。丸棒はマイナーです。
耐食アルミ5052と5056(A5052とA5056) アルミは白く錆びます。A5000系は多少錆びにくい材料です。でも、錆びます。使用する時には、クリアラッカーを塗るか、アルマイト処理が必要です。丸は、5056で、板は5052で注文しましょう。
アルミ2017(A2017) 見るからに、たたいても、硬いアルミです。ある程度硬い方が、切削性が良いです。
もっと強い、アルミ2024とアルミ7075(A2024とA7075) A2017より強いです。しかし、強度的には構造用鋼のS45CやS50Cと同程度です。
快削アルミ2011(A2011) アルミの中で、切削性の良い材料です。
アルミ6063平角棒とパイプ(A5063) アルミの平角棒、四角棒、アングル、チャンネル、丸パイプ、四角パイプ、平角パイプが必要な時には、アルミ6063(A5063)を選択します。
6061(A6061) 6063の同類ですが、平板と丸棒です。
溶接するなら5083(A5083) 溶接構造用合金です。溶接性で比較すると、他も同様だったりします。
強さのアルミーゴHard A7075より強く、S50Cを超える強さ

2.アルミの序列

強度の序列 強度小:A1050<A6063<A5083<A5052<A5056<A6061<A2017<A2011<A2024<A7075=S45C,S50C<アルミーゴHard:強度大
強度を求めれば、アルミーゴHardになります。

切削性の序列 切削性悪い:A1050=A5083<A5052=A5056=A6061=A6063<A2017=A2024=A7075<A2011:切削性良い
A6061とA6063は粘るようで、キリコが材料に付着するので、嫌う人がいます。

耐食性 耐食性悪い:A2024=A2011=A2017<A7075<A6061<A1050=A5052=A5056=A5083=A6063:耐食性良い
耐食性良好でも、いずれは白く錆びます。クリアラッカーを塗るか、アルマイト処理をしましょう。

溶接性 溶接性悪い: A2011<A2017=A2024=A7075<A1050=A5052=A5056=A6061=A6063=A5083:溶接性良い

3.材料手配の方法

とりあえず、欲しいサイズで問い合せするのがベストです。

アルミの形状:平板、丸棒、角棒、平角棒、丸パイプ、角パイプ、平角パイプ、アングル、アングル、パンチングメタル、縞板

形状
材質 販売方法
平板
A1050、A5052,A6061,A2017,A2024,A7075,アルミーゴHard 必要なサイズで寸法切断販売です。厚み3mm以下になると、定板サイズになる事が多いです。
丸棒
A5056,A6061,A2017,A2024,A7075,A2011,アルミーゴHard,時たまA5052 直軽が25mm以上ですと、だいたい切断販売です。細いのは定尺になります。
角棒
A6063 通常定尺販売です。切断販売も有ります。
平角棒
A6063 通常定尺販売です。切断販売も有ります。
パイプ
A6063、時たまA5052、A5056、A2017 通常定尺販売です。切断販売も有ります。A5052配管用インチパイプも有ります。
アングル、チャンネル、
A6063 通常定尺販売です。切断販売もたまに有ります。
パンチングメタル
A1050 1m×2m等の定板販売です。でもたまに、切断OKの場合があります。
縞板
A5052、A1100 1m×2m等の定板販売です。でもたまに、切断OKの場合があります。

4.アルミ選択の考え方

4-1とりあえずとう時

丸棒ならアルミ5056(A5056)です。
板ならアルミ5052(A5052)です。
1m以上の平角棒が欲しいときには、アルミ6063(A6063)です。

4-2形で選択

角棒、平角棒、丸パイプ、角パイプ、平角パイプ、アングル、アングル、パンチングメタル、縞板は、材質の選択がほとんど有りません。その中で、強度が取れるかどうかになります。強度が保てないとなると、ステンレスや鉄鋼製品を覚悟します。強度計算は適当に製作するときには、製作物の壊れ方を考えた形状にしてください。壊れたときには、厚さを増すか、ステンレスや鉄鋼製品で製作してください。

4-3鉄の代替

鉄(SS400)やS45Cの引張強さを考慮すると、アルミ7075(A7075)かアルミーゴHardが適当です。ただ、縦弾性係数や熱膨張係数と形状も考慮してください。詳しくはアルミーゴHardのページで。

5.鉄とアルミの違い

軽量化のためにアルミを使用する時の注意点は、縦弾性係数と熱膨張係数と疲れ強さです。

縦弾性係数
弾性域の応力と歪みの係数で、縦弾性係数は色々なところに関係します。アルミの縦弾性係数はは鉄の1/2から1/3です。鉄と組み合わせて使用するときには、悪さをするかもしれません。注意してください。

熱膨張係数
アルミと鉄は、熱膨張係数が二倍違います。常温で鉄とアルミを組み合わせて、温度を上げるとどちらかが歪みます。限界を超えると、元に戻りません。チタン合金と鉄の熱膨張係数が同程度なので、このような問題が少ないです。

疲れ強さ
鉄関係は、1000000から10000000回の振動を与えると、疲労破壊するか、しないかが決まります。引張強さの1/2程度の振動応力が分岐点と思います。アルミは振動を繰り返せば繰り返すほど、弱い振動で破壊するようになります。この事から、アルミ製部品を激しい振動や長時間使用する時は、使用量の限界を設定して、定期的に交換することを進めます。

6.買い方 売り方

アルミ材料を、必要なサイズで購入するなら、以下で進めてください。

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm


手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm


手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください。

7.代引き販売ページ


アルミ販売の詳細ページ

 アルミパイプ  アルミアングル アルミチャンネル  アルミ丸棒  アルミ 平角棒  アルミ板 


バナースペース

山洞金物店

〒376-0001
群馬県桐生市菱町一丁目483-1

お問い合わせ