ゲージ鋼の説明

ゲージ鋼を整理整頓します。

山洞金物店


https://ht.sandoh.net/archives/1407に移動予定です。

1.ゲージ鋼とは

熱間圧延材の酸化鉄を酸洗いなどで取り除き、冷間でロース圧延され、所定の定尺サイズに切断した板です。
冷間でロール圧延するので、表面が平らになります。
スキンパスなどと言うこともあります。
冷間で圧延量が多いと、焼けて青くなります。⇒加工硬化と言うのだろうか?
ゲージ鋼の名称由来は、不明です。
ゲージ鋼は俗称のようだ。
ミガキ特殊鋼板が正しいようだ。
不明点は多い。

ゲージ鋼は、コイル材やフープ材と区別する為に、有るのだろうか?

ゲージ鋼の板厚公差は、+-0.05mmなど精度よく出ている。

2.ゲージ鋼の種類

SKゲージ鋼:SK5MA、SK5MC、SK5MSP、SK4SP
SKSゲージ鋼:SKS3SP、SKS2
SKD11ゲージ鋼:焼鈍し板?
SKH51ゲージ鋼:焼鈍し板?

3.SKゲージ鋼:SK5MA、SK5MC、SK5MSP、SK4SP

SK5MA:最終圧延後、焼鈍し処理した板
SK5MC:冷間圧延の加工硬化がバリバリの板、硬引仕上のSK5の板
SK5MSP:最終圧延前に焼鈍し処理して、軽く冷間圧延したSK5のゲージ鋼で、板厚4mm未満の板
SK4SP:最終圧延前に焼鈍し処理して、軽く冷間圧延したSK4のゲージ鋼で、板厚4mm以上の板

4.SKSゲージ鋼:SKS3SP、SKS2

SKS3SP:最終圧延前に焼鈍し処理して、軽く冷間圧延したSKS3の板
SKS2:焼鈍し仕上げSKS2のゲージ鋼、幅が600mmの板です。

5.SKD11ゲージ鋼:焼鈍し板?

詳細不明

6. SKH51ゲージ鋼:焼鈍し板?

詳細不明

7. 呼び方

結局、どの様に呼べば、性格に伝わるだろうか?
「SK5MA」が通じるのは、ゲージ鋼を在庫している会社くらいでしょう。
「焼鈍しのSKゲージ鋼」と言った方が、通じやすいのかもしれない。

「焼鈍しのSKD11ゲージ鋼」と言ってはいけない。
流通在庫のSKD11ゲージ鋼は、焼鈍し品しかないはずなので、単純に「SKD11ゲージ鋼」と言った方が上手く進む。

同様にSKH51も「SKH51ゲージ鋼」と言った方が上手く行く。

材質とサイズを言って、最後に「焼鈍し品、硬引仕上」の確認した方が、上手く行くでしょうか?

8.買い方 売り方

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm


手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm


手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください