熱間ダイス鋼SKD61の説明 SKD61と改良鋼種を、整理整頓します。

山洞金物店


1.JIS記号の熱間ダイス鋼SKD61

SKD61******* 熱間ダイス鋼といえばこれです。

2.熱間ダイス鋼SKD61の製造メーカー記号

各社相当鋼種と改良鋼種なので、各社適当に違いが有ります。
- SKD61相当鋼種 熱間ダイス鋼改良鋼種
大同特殊鋼 DHA1 DH2F
日立金属 DAC DAC55、DAC10、FDAC
日本高周波鋼業 KDA1 KDA1S、KDAMAX
山陽特殊鋼 QD61 QDA61、QDH

3.熱間ダイス鋼の素材形状

熱間ダイス鋼黒皮丸棒:
熱間ダイス鋼黒皮角材:
熱間ダイス鋼黒皮平角材:
熱間ダイス鋼ドリルロッド:
ダイス鋼ゲージ鋼:

4.熱間ダイス鋼のとは

熱間ダイス鋼といえば、熱処理してHRC45程度です。
SKD11と違うのは、300度とか400度の時の、硬さです。
金属は温度が高くなるに従って、硬度が下がり、引張強さも下がります。
低下具合が、SKD11とSKD61では、違います。
SKD11は一直線に低下しますが、SKD61は300度、400度程度まで踏ん張ります。
SKD61で持たない時には、他の熱間ダイス鋼を選択しますが、
やっぱり持たない時にはハイスを使用します。

5.熱間ダイス鋼の現状

熱間ダイス鋼は、日立金属のDACシリーズがメジャーですが、
各社色々な鋼種を製造しています。
各鋼種で、切削性が良いとか、他より硬くなるとか、値段が安いとか、特色があります。よく考えて使用しましょう。

6.焼入れ焼戻し硬さ

製造メーカー推薦の焼入れ条件で、焼入れ焼戻し硬さ曲線より
参考焼入れ焼戻し硬さ(HRC) メーカー記号鋼種
45〜50 DHA1
53〜33 DAC
53〜41 DAC10
53〜38 DAC55
53〜50 KDA1、KDA1S
53〜38 KDAMAX
熱処理屋さんに出すと、たいていHRC45で届いたりして。
プリハードン
参考焼入れ焼戻し硬さ(HRC) メーカー記号鋼種
38〜42 DH2F
40 FDAC
常温の硬さを記載してみましたが、意味がないことが分かりました。
使用温度の硬さで比較する事が必要ですね。
経験が一番の選択理由でしょうか?

7.ダイス鋼の選択

金型発注元の指定熱間ダイス鋼の場合は、指定材料を使用してください。
指定がなければ、取引先の材料屋さんが得意な熱間ダイス鋼を使用しましょう。

8. 販売方法

8-1 会員登録をしてください。 ⇒ 無料会員登録ページへ

8-2 下記ページでサイズを決めて、見積請求してください。 ⇒ 通常見積り請求ページへ

取扱い材料サイズ表

8-3 必要なら注文してください。いらなければ、「見送り」とメールください。

9.買い方 売り方

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm


手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm


手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください