SMn443HでHARDOX(ハルドックス)?

SMn443Hを捜したらHARDOX(ハルドックス)を紹介されました。なんだか不明なので、調査しました。
このページの材料はどれも重量が有るので、取り扱えません。手配は他をお探しください。

山洞金物店


https://ht.sandoh.net/archives/1422に移動予定です。

1.SMn443Hと化学成分

SMn443HとHARDOX(ハルドックス)600、似ているような、違うような。
高マンガン鋼の用途は、土砂に対する耐摩耗性が主題で、化学成分は関係ないのかも。

- C Si Mn Cr Mo B P S Cu Ni
SMn443H 0.40〜0.46 0.15〜0.35 1.35〜1.65 0.35以下 - - 0.030以下 0.030以下 0.30以下 0.25以下
IRS2 0.75〜1.10 0.56以下 11.0〜14.0 - - - 0.070以下 0.030以下 - -
NM-13MN 0.80〜1.20 0.60以下 11.0〜14.0 - - - 0.070以下 0.040以下 - -
HARDOX 0.12〜0.30 0.5≧ 1.4≧ 0.6≧ 0.5≧ 0.002 - - - -
ハルドックス600 0.48 0.7 1 1.2 0.8 - 0.015 0.01 - 2.5
WEL-HARD400 0.22以下 0.15〜0.55 1.6以下 0.5以下 - 0.005以下 0.025以下 0.015以下 - -
WEL-HARD500 0.35以下 0.15〜0.35 1.6以下 1以下 0.15以下 0.005以下 0.015以下 0.01以下 - -
WEL-TEN950RE 0.16以下 0.55以下 2以下 ※1 0.025以下 0.02以下 -

元データ:http://www.itoakirasangyo.co.jp/swe-den/s-saizhyo.htm
元データ:http://www.nsc.co.jp/plate/newprd/denryoku/den09a.html
元データ:http://www.nsc.co.jp/plate/prd/standrd/standrd02b.html

2.HARDOX(ハルドックス)とは

2-1 HARDOX(ハルドックス)の性質

耐磨耗鋼板としてはHARDOX(ハルドックス)が有力のようです。

HARDOX(ハルドックス)の種類:HARDOX400、HARDOX450、HARDOX500、HARDOX600

元データページ:http://www.ssab.co.jp/image/table.gifより

2-2 耐磨耗性

ケース:磁鋼鉄石硬度 HV500〜650(平均575HV)
鋼種 摩耗率 耐摩耗向上
普通鋼 100% 1.0倍
45Kg鋼 91% 1.11倍
80kg鋼 88% 1.14倍
HARDOX400 19% 5.26倍
HARDOX450 13% 7.89倍
HARDOX500 8% 12.5倍
HARDOX600 4% 25.0倍
注:耐摩耗の用途には通常のハイテン材は不向き(わずか10〜15%の向上対普通鋼)

元データページ:http://www.ssab.co.jp/hardox.htm

HARDOX400、HARDOX450、HARDOX500の成分

HARDOX Si Mn Cr Mo CE値
成分(%) 0.12〜0.30 0.5≧ 1.4≧ 0.6≧ 0.5≧ 0.002 0.34〜0.68

元データ:http://www.itoakirasangyo.co.jp/swe-den/s-saizhyo.htm

HARDOX600の基本組織成分

ハルドックス600 Si Mn Cr Mo P S Ni
成分(%) 0.48 0.7 1 1.2 0.8 0.015 0.01 2.5

元データ:http://www.itoakirasangyo.co.jp/swe-den/s-saizhyo.htm

3.WEL-HARD、 NM13MN、 WEL-TEN950REとは

HARDOX(ハルドックス)の対抗馬が、WEL-HARDになるのでしょうか。
NM-13MNは耐磨耗鋼板として、一般的なようです。
WEL-TEN950REは、耐磨耗鋼板としては疑問が残ります。

3-1 WEL-HARD

新日鉄様の WEL-HARD400、 WEL-HARD500説明(元データ:http://www.nsc.co.jp/plate/newprd/denryoku/den09a.html)

摩耗による重量ロスは、鋼の表面硬さの増加により減少します。したがって、耐摩耗性が要求される鋼は、表面硬度の硬いものが必要になります。新日鐵の耐摩耗鋼は、土砂に対する耐摩耗性を重視した設計になっており、耐ひっかき摩耗性はJIS規格SS400(軟鋼)の2〜4倍あります。

WEL-HARD400、 WEL-HARD500の成分

規格 板厚(mm) C Si Mn P S Cr Mo B 硬さ BHN(ブリネル硬さ)
WEL-HARD400 (4.5)6〜50 0.22 0.15〜 1.6 0.025 0.015 0.5 - 0.005 361以上440以下
- - 以下 0.55 以下 以下 以下 以下 以下 (平均400狙い)
WEL-HARD500 (4.5)6〜50 0.35 0.15〜 1.6 0.015 0.01 1 0.15 0.005 451以上550以下
- - 以下 0.35 以下 以下 以下 以下 以下 以下 (平均500狙い)

土砂摩耗試験結果(元データ:http://www.nsc.co.jp/plate/newprd/denryoku/den09a.html)

硬さと摩耗性の関係(元データ:http://www.nsc.co.jp/plate/newprd/denryoku/den09a.html)

3-2 NM13MN

新日鉄の材料で、高マンガン鋼で、耐摩耗性優れた材料です。
衝撃磨耗を受ける鉱山機械、土木機械の部品に使用されるケースが多い。
市場性薄く在庫として持っている問屋も限られてます。
参考表面硬さ:HV170〜220(AV197)

3-3 IRS2 

高マンガンオーステナイト鋼 IRS2
元データ:http://www.nisshin-steel.co.jp/nisshin-steel/product/market/33hmosn/hos001.htm

高マンガンオーステナイト鋼はHadfield鋼とも言われ、古くから知られた鋼材です。この鋼は、通常水靱処理を施し、オーステナイト組織にして使用されますが、その物理的性質や機械的性質は一般のオーステナイト鋼とほぼ同様な傾向を示します。しかし、その中で特に顕著なものとして、冷間加工における加工硬化性があげられ、この大きな加工硬化性によりこの鋼には優れた耐摩耗性が付与されます。このため耐摩耗性を必要とする土木建設機械の部品等として、高マンガンオーステナイト鋼の鋳鋼品が多く使用されてきました。
 近年、鋼板においても耐摩耗性に対する要求が強まっていますが、この分野でもこの鋼種は有効な鋼で、当社では、高マンガンオーステナイト鋼板IRS2を製造して、これら耐摩耗用鋼板への要求に応じてきました。
 以下にIRS2の諸特性について述べます。

3-4 WEL-TEN950RE

WEL-TEN950REはハイテンと呼ばれる板です。
どこかのページでWEL-TEN950REを耐磨耗鋼板と記載して有りました。
新日鉄の説明ページには耐磨耗鋼板の記載がないです。
表面が硬ければ耐摩耗性が高くなる傾向なので、ハズレてはいないですが疑問に思います。

WEL-TEN950REの成分(元データ:http://www.nsc.co.jp/plate/prd/standrd/standrd02b.html)

- C Si Mn P S Cu Ni Cr Mo V B Ceq※2
WEL-TEN950RE 0.16 0.55 2 0.025 0.02 ※1 ※1 0.5
(3〜8mm) 以下 以下 以下 以下 以下 以下

※1特記事項あり。元ページで確認してください。

WEL-TEN950REの強度(元データ:http://www.hq.nsc.co.jp/hirohata/3products/haiten/)

規格記号
降伏点
N/?E?F

引張強さ
N/?E?F

伸び
曲げ性質(C 方向)
板厚
最小
試験片
曲げ角度
内側半径
WEL‐ TEN950RE
≧885 

950 〜
1130

6mm 以下
8mm 以下

8 %
11 %
J I S5 号
180 度
板厚の2 倍
試験片:JIS1 号

WEL-TEN950REの衝撃(元データ:http://www.hq.nsc.co.jp/hirohata/3products/haiten/)

規格記号 板厚 試験温度 平均吸収エネルギー 試験片サイズ
WEL‐ TEN950RE 6mm 未満
6mm ≦t ≦8mm −20 ℃ 24J 以上 10 ×5 .0

4.買い方 売り方

手順1 まず会員登録してください。

無料会員登録
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/salmen/sslsalmen.htm


手順2 必要なサイズと数量で見積請求してください。

通常見積り請求
https://daa-sando.ssl-lolipop.jp/presale/sslpresale.htm


手順3 メールで見積内容が届く

注文するなら、「注文」とメールしてください。
中止するなら、「見送り」とメールしてください。
検討したい時は、「検討中」メールしてください