本文へスキップ

山洞金物店は、金属を専門とする金属を販売する会社です。

サイト内の検索ページへ
電話とFAX、対応不可。お問い合わせページで

ミルシートと現物の一致みるしーととげんぶつのいっち

ミルシートと現実の狭間で。

https://ht.sandoh.net/archives/1663に移動予定です。

1. ミルシートとは

ミルシートは、鉄、伸鉄、アルミなどの素材を製造する会社が、材料の内容成分を証明する書類です。
INSPECTION CERTIFICATE、鋼材検査証明書、成分表など言い方は色々です。

2. ミルシートと現物の現実

量によって、一致する場合としない場合があります。

3. 量による一致関係

3-1 何十トン単位のオーダー品

紐付き材料と呼ばれる材料です。
材料製造工場から需要工場に輸送されるので、トラックから降ろすまでは、ミルシートと現物が一致します。
荷卸後、管理が悪いと、ミルシートと現物が合わなくなります。

3-2 定尺1本、2本

材料にラベルが貼ってあれば、このラベルに製造番号が記載して有るので、ミルシートと現物が一致します。
しかし、このラベルが剥がれると、ミルシートと現物が合わなくなります。

3-3 切断品

管理が正常に機能している時は、ミルシートと現物が一致します。
しかし、管理していない企業もあれば、部分的に管理している企業も有ります。少ないのが現実です。

3-4 ミルシートと現物の一致のまとめ

切断品で、ミルシートと現物の一致は、難しい。
定尺品でも、一致しない場合がある。

4. 現物の対策

ミルシートと現物の一致が必要な場合があります。
当店は、ミルシートと現物の一致を、とことん追求します。ときどき、取引先にイヤミを言われる時も有ります。
しかし、当店がミルシートと現物が一致と確信しても、一致しない場合があります。
これが現状です。
学会などの発表などで、内容成分を公開する時は、成分分析企業に出して、内容成分を確認してください。

5. ミルシートが必要なら

ミルシートが必要なら、問い合わせや見積請求時に「ミルシート必要」と連絡してください。
注文後だと、大変です。注意してください。 材料の書類のページも参考にしてください。



山洞金物店

〒376-0001
群馬県桐生市菱町一丁目483-1