本文へスキップ

山洞金物店は、金属を専門とする金属を販売する会社です。

サイト内の検索ページへ
電話とFAX、対応不可。お問い合わせページで

支店長支援キャンペーン募集 ただ今作成中してんちょうしえんきゃんぺーんぼしゅう ただいませいさくちゅう


2008年秋、景気状況が激変しました。

新たな打開策が、必要だ。

2008年夏までは、値上がりで、売上げは何とか横ばいだったでしょう。
2008年秋から、値下がりになりました。
値下がりになると、売上高が減少に転じます。
今まで、隠れていた取引量の減少が、表面に出てきます。

時期 鋼材単価 取引量 売上げ金額
2008年夏まで 値上がり 減少 現状維持
2008年秋から 値下がり 激減 減少

新たな打開策が、必要だ。

2008年夏までは、売上げ金額が現状維持だったので、各支店長は、社長に何とか言い訳できたでしょう。
しかし、2008年秋から、社長に言い訳できない状況になったことでしょう。
売上げ金額の減少は、言い訳できない。

新たな打開策が、必要だ。

各支店長は、社長から「新規顧客獲得」や「取引量増加」などを突きつけられているでしょう。
「新規顧客獲得」や「取引量増加」など、支店長は、今まで努力してきましたよね。

今までの努力
通常取引先を、何回も訪問しましたよね。
購買の課長と、ゴルフに行きましたよね。
購買の課長に、ご接待しましたよね。
問合せてきた顧客に、「その後、いかがですか?」などと、フォローしましたよね。
だめもとで、飛び込み営業しましたよね。
「値引き要求」をギリギリまで、対応しましたよね。
忙しい顧客に、トラックを走らせましたよね。
取引先の「○○会」に付き合いで、出席しましたよね。
顧客に、きめ細かい対応をしていますよね。

新たな打開策が、必要だ。

「新規顧客獲得」や「取引量増加」の努力
通常取引先を、より多く何回も訪問する。
購買の課長と、ゴルフの回数を増やす。
購買の課長に、ご接待をより豪華にする。
問合せてきた顧客に、「その後、いかがですか?」などと、細かくフォローする。
だめもとで、飛び込み営業の件数を多くする。
「値引き要求」をギリギリまで、対応する。
忙しい顧客に、トラックを何回でも走らせる。
取引先の「○○会」に深く関わるようにする。
顧客に、よりきめ細かい対応する。

しかし、努力しても、「取引量減少」と「売上げ金額減少」の状況に、変わりない。
それでも、今まで通りの方法で突き進みますか?
無駄だと、思いませんか?

結局、今までと同じ方法で、「新規顧客獲得」や「取引量増加」は、難しいでしょう。

新たな打開策が、必要だ。

当店のように、インターネットで販売を考えましたか?

現状からすると、難しい状況です。
インターネット販売を検討しても、10年遅れています。
10年前だったら、成功したでしょう。
現在は、10年前と、状況が違います。

新たな打開策が、必要だ。

当店の状況
当店から発送の場合、単体重量80kg以上や長さ3m以上の材料が問題です。
非鉄材料関係で可能な場合が有りますが、難しい場合が多いです。
材料を必要としているお客に、販売できない辛さが、分かりますか?

新たな打開策が、必要だ。

地産地消は、農産物だけでは、ない。
材料だって、同じ事です。
材料を必要としているお客に、近くの材料屋さんが対応すれば、双方にとって利益になります。
相談も、困り事も、輸送経費も、色々と解決できます。
この辺を今まで、手抜きしていた結果が、現在の現状を反映しています。

新たな打開策が、必要だ。

当店が対応できない材料を、お客の近郊の材料屋さんを紹介できれば、可能です。
しかし、当店が配送可能な材料屋さんに「購入希望者や企業」を紹介しても、報酬は貰えません。
良くて、「ありがとう」で終わりです。
当店の利益にならなく、バカバカしいので、紹介は止めました。

新たな打開策が、必要だ。

花屋さんに、「花キューピットサービス」が有ります。
「花キューピット」の看板が付いている花屋さんに行くと、花を贈りたい相手の近くの花屋さんから、届けてもらえます。
現在、機能しているか、不明ですが、とっても上手いシステムです。

新たな打開策が、必要だ。

あなたの会社は、有名ですか?
地域で、有名ですか?
地域の人が、あなたの会社を知っていますか?
地域の人が、あなたの会社の販売品目を知っていますか?

新たな打開策が、必要だ。

あなたの会社は、それほど有名ではない。
有名ではないから、この状況になのです。
年商200億円と言っても、有名でなければ、関係ない。
材料屋の数社以外は、零細企業なのです。

新たな打開策が、必要だ。

零細企業だから、利益になるか、ならないか不明の顧客紹介に、お金を支払わないのでしょう。

新たな打開策が、必要だ。

インターネット販売は難しいですが、有名になる方法は有ります。
ブログを書くことです。
まず、ブログを開いてください。
ブログを検索して、決めてください。
ブログ開設は、無料です。有料も有りますが。

新たな打開策が、必要だ。

無料ブログを決めましたか?
ブログ名は、会社と支店名にしましょう。
リンクを設定しましょう。
会社のホームページと山洞金物店にリンクしましょう。

山洞金物店アドレス
http://www.venus.dti.ne.jp/~sando/index.html

新たな打開策が、必要だ。

いっぺんに設定すると大変なので、他の設定は、いずれしましょう。
標準仕様で、使えるのがブログです。

新たな打開策が、必要だ。

ブログが開設できたら、毎日1個を目標に、記事を書きましょう。
20を越える時点から読んでもらえます。
各内容は、会社の説明、支店の説明、取扱い品目、部下の紹介、仕事の流れ、一日の感想、感激した事、悔しい事などなどです。
これに飽きたら、山洞金物店のページで、間違っている事を訂正してください。
当店は適当に書いているので、間違いが多々有ります。指摘してください。

新たな打開策が、必要だ。

ブログの凄いところは、開設すれば、必ず誰かが読みます。
普通のホームページを開いても、見てもらえません。
しかし、ブログは違います。
ブログは、読んでもらえます。
専門性が有れば有るほど、読者が増えます。

新たな打開策が、必要だ。

今まで支店長さんは、何をしてきましたか?
部下に「仕事をヤレヤレ」とか言ってましたよね。
今まではこれで成功しました。
しかし、現在はいかがですか?
停滞していますね。

新たな打開策が、必要だ。

停滞している原因を不景気と決め付けますか?
支店長さんの会社は、当店より大きいです。
ある程度、有名でしょう。
しかし、この有名が問題です。
どこで有名なのでしょうか?
有名と思い込んでいませんか?

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんの会社は、限定的に有名です。
有名な範囲は、どこですか?
特殊な業界で有名なだけでしょ。
営業範囲の業界で有名なだけでしょ。
業界を離れれば、無限の業界が広がっています。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんが販売した物は、形を変えたりして、色々な分野で活躍しています。
支店長さんの業界以外で、必ず活躍しています。
販売した物は色々な業界で活躍しているのに、支店長さんは色々な業界で活躍しないのですか?
業界に関係なく、支店長さんが活躍できれば、現状と違う状況になります。

新たな打開策が、必要だ。

色々なところで、支店長さんが販売している物を見かけませんか?
正確には、支店長さんが販売できる物を見かけませんか?
その物は、支店長さんの会社が販売したのですか?
違う会社が販売した物ですよね。

新たな打開策が、必要だ。

製造元に営業するのも一つの手です。
営業して、獲得できても、値段競争になりませんか?
値段で受注しても、値段で逃げられるだけです。
値段競争すると、利益が減りますよね。
これは、量と利益が両立しません。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんは、量を売ろうと考えていますか?
今まで量を販売していれば、利益が付いて来ましたからね。
今まで、量と利益を追求しなかった結果が、現状と思いませんか?

新たな打開策が、必要だ。

量を狙うと、利益率が下がる。
量を狙いたい会社が多いから、値段競争になる。
この結果、利益率が下がる。
利益率が下がると、不採算事業になる。
不採算事業になると、支店は閉鎖、支店長はリストラでしょうか?

新たな打開策が、必要だ。

支店閉鎖や自分のリストラは、避けたいですよね。
避けるためには、ネットが必要になります。
「先のブログを開設しましょう」と書きました。
「無料ブログで開設しましょう」と書きました。
無料ブログなら、会社をリストラされても続けられます。
もし、リストラされたら、会社の愚痴や批判を書くことでしょう。
ブログは読まれる。見つけられる。
ネット社会では、良い事と悪い事が同時に伝わります。
悪い事の方が、印象が強いです。話題になりやすいです。
噂話なら時間が過ぎれば消えますが、ブログは検索されて、いつまでも続きます。
と言うことで、ブログで有名になった支店長は、リストラ出来ない状況になります。
支店長にとって、ブログは強い見方でしょ。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんは、ブログで有名になりましょう。
1日1回、状況を書きましょう。
1ヶ月、20営業日あれば、20になります。
これを続ければ、有名なブログ支店長になります。

新たな打開策が、必要だ。

ブログで有名になっても、注文がない。
無料ブログですから、利益を期待しても困ります。
無料ブログは、有名になるのが目的なので、利益追求は方向が違います。
ネットを使った営業は、それなりの方法が有ります。
ネット販売は、それなりの方法が有ります。

新たな打開策が、必要だ。

200m先に住んでいる人は、会社の事業内容を知っているでしょうか?
知らないですよね。
会社の方針で営業所を開いただけで、そして、支店長さんは赴任しただけなので、
地域住民が知らないのは、当然の結果です。
とりあえず、支店から200m以内の地域住民に、会社案内を持って、回りましょう。
お客が来たり、トラックが入ったり、会社なので、一般住宅より出入りが多いです。
昼間、地域に大人は少ないのが現状です。
何か有った時は、相互で助け合うことが出来ます。
地域住民と仲良くしましょう。

新たな打開策が、必要だ。

ネットの世界は、会社も個人も同レベルです。
もし、地域住民がブログなどのネットで、支店長さんの会社を紹介してもらえたら、
高評価になります。

新たな打開策が、必要だ。

そもそも、上司が「ガミガミ」と言うのは、良くない。
「プロジェクトXのような、無理難題を解決しろ」なんて言われても、疲れるだけだ。
しかし、上司は「ガミガミ」と言って、売上げが上がれば、会社に評価されます。
この評価が問題なのだ。

新たな打開策が、必要だ。

プロジェクトXのような無理難題の原因は、何でしょうか?
支店長さん、原因、分かりますか?
無理難題の仕事は、やりたくないですよね。

新たな打開策が、必要だ。

仕事は、可能な仕事と、不可能な仕事、どうにかなる仕事に分類できます。
可能な仕事は、普段している仕事です。通常業務の仕事です。
不可能な仕事は、分野がかけ離れて、何も対応できない仕事です。
どうにかなる仕事は、取引先に相談したり、色々と動けばできる仕事です。

新たな打開策が、必要だ。

可能な仕事の通常業務は、難なく進みます。
通常業務が、一番楽で利益になる。
通常業務を増やしたいですね。
現在は、減少傾向ですか?

新たな打開策が、必要だ。

不可能な仕事は、辞退するでしょう。
お断りは対応が難しいですが、はっきりと素早く断りましょう。
断るのも、顧客の為です。

新たな打開策が、必要だ。

どうにかなる仕事は、色々と動く事になります。
動いただけ利益にならない事が多いでしょう。
利益にならないなら、止めますか?
顧客サービスとして、進めますか?

新たな打開策が、必要だ。

そもそも無理難題が舞い込む原因は、何でしょうか?
それは、支店長さんの会社が通常の仕事内容を、お客が理解していないからです。
宣伝活動が不十分なのです。
「通常仕事の範囲が多くて、出来ない」と言うでしょう。
こんなことでは、支店長失格です。
仕事の内容を把握できていないから、出来ないのです。
仕事の内容が把握できていれば、明確に回答できます。

新たな打開策が、必要だ。

明確に回答できても、詳細は難しいでしょう。
詳細は一つ一つ地道な作業が必要です。
当店と共に地道な作業をしますか?
一回詳細な物を作れば、相当使えます。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんは、宣伝活動が必要です。
売上高が減少しているのでしょ。
宣伝活動が必要です。
宣伝活動に部下の営業をグルグル取引先を廻しますか?
営業が、遊ぶだけですよ。
営業グルグルは、今までと同じじゃん。
現状と何も変わりませんね。

新たな打開策が、必要だ。

「当社は、この様な事をしています。」と言うパンフレットを持っていけば、少し変わりますが、
それでも、現状は厳しい状況の客先を廻っても、状況は変わりません。
良くて、売上高の減少カーブが緩やかになるだけです。
急減より、マシですが。

新たな打開策が、必要だ。

そもそも、10年前、インターネットに興味を示さなかった支店長さんが、問題です。
自分は、10年前に興味を持ちました。
そして、山洞金物店のホームページを開設しました。

新たな打開策が、必要だ。

インターネットの本質は、大企業、中小企業、零細企業、個人を差別しないことです。
ネットは平等なのだ。

新たな打開策が、必要だ。

テレビCMは、お金が必要です。
ラジオCMも、お金が必要です。
織り込みチラシも、お金が必要です。
ポスティングも、お金が必要です。
しかし、インターネットのホームページは、プロバイダーにホームページを開設すれば、無料です。
当店は、10年プロバイダーで、ホームページを開いています。
独自ドメインを取ることもなく、レンタルサーバーもしないで、プロバイダーに、おんぶにだっこです。

新たな打開策が、必要だ。

ホームページの本質は、自慢です。
10年前に気が付きました。
自慢こそ、情報なのです。
自慢が出来ないなら、ホームページなど開く必要がない。
自慢は、大きい自慢と小さい自慢が有ります。
自慢に大小は、ない。
ホームページに出した自慢は、ホームページ閲覧者が評価します。
面白いとか、「馬鹿やろー」とか、評価は色々です。
話題提供が、ホームページの役割なのです。
自慢 ⇒ 話題 ⇒ より多くの閲覧者の獲得 ⇒ 宣伝
この様に、経費無料のホームページで、宣伝が出来ます。

新たな打開策が、必要だ。

ブログの本質は、営業中の表示です。
仕事でブログを開く役割は、ホームページが生きている証拠です。
ホームページは、だいたい作成すると、放置されます。
放置になると、問合せを送っても、反応がないです。
反応がないページは、放置されて、死んでいるページです。
ホームページ生死の判断材料が、ブログです。
ブログを月に数回記事を載せれば、営業中と判断します。

新たな打開策が、必要だ。

メールの本質は、営業姿勢です。
メールの内容だけで、お客は判断します。
充実した内容が必要です。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんの会社は、いかがですか?
ホームページで自慢してますか?
ブログを継続していますか?
メールの内容は、充実していますか?
どれも、上手く出来ていれば、このページを読まないですね。
支店長さんの会社が、ネット対策を軽視したので、業績悪化になっています。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんは、業績悪化の状況から好転に向けて、何か対策が必要です。
社長に、今からネット対策を、訴えますか?
ネットを理解していない社長を理解させるのは、難しい。
こんな面倒な事は、止めましょう。
時間の無駄です。

新たな打開策が、必要だ。

支店長さんは、そこの責任者です。
業績が上がれば、何も問題ない。
業績向上のために、社長に許可は要らない。必要ない。
もっと大胆に判断しても、OKじゃない。

新たな打開策が、必要だ。

購入希望者や企業の紹介

1 対象

登録の全国の材料屋さん。
登録は、お問合せページでお願いします。

2 紹介内容

購入希望者や企業の情報
会社名:
名前:
住所:
電話番号:
メールアドレス:
物件内容:

3 料金

紹介料金:5000円/1件

4 注意

当店は紹介するだけです。取引成立は、材料屋さんと顧客の問題です。取引不成立の時に、「紹介料の返金要求」されても対応できません。

5 登録と紹介依頼方法

登録と紹介依頼は、お問合せページでお願いします。



山洞金物店

〒376-0001
群馬県桐生市菱町一丁目483-1