本文へスキップ

山洞金物店は、金属を専門とする金属を販売する会社です。

iPhone5Sのケースは、急ぎの仕事で止まるiPhone5Sのけーすは、いそぎのしごとでとまるひまから

急ぎの仕事で、後回し。自営ってこんな感じ。


1.さて試作の冶具作り 機械加工屋さん

材料が来た、
まずは、アイフォンケースの試作なので冶具もALにした。
今までやってた加工の延長なので、冶具の設計もスムーズに行った。

店主の独り言

何事も冶具で決まるよね。
特に、どこつかんで加工するか不明なケースだから。素材の固定が難しい感じだ。
こんなこと考えても専門外の材料屋は、感心するばかりだ。
簡単に作ってしまうのだ。専門とは、凄いのだ。

2.基本モデルの試作 機械加工屋さん

冶具を作り終えたら、つぎはihoneケースのモデルだ。
採寸した寸法通りにALを削る。
のちにiPhone5Sケースを削った時のゲージにも使うので測定を慎重にしながら作った。

店主の独り言

寸法通りに削るって、結構難しい。
薄くなれば、歪むし、熱で延びる。

3.本格試作 機械加工屋さん

よし、試作をするぞと思ったら急ぎの仕事が・・・・・
自営業の宿命、稼がなければアウトです。
金属ケース試作は先にのばすしか・・・・・・
と言っていたら年末になってしまった。

店主の独り言

試作本番、先送り。日々の生活に、仕事が必要なのだ。

次回試作1号に続く



バナースペース

山洞金物店

〒376-0001
群馬県桐生市菱町一丁目483-1

お問い合わせ